Welcome to my blog

森の日誌

スポンサーサイト

ふと、遠くを

ふと、遠くを見やるその瞳。上を向いた顔や俯瞰やあおりの絵はとっても難しいですね。何かを見て描けば簡単なんだけれど、自己流で描くとたいていこの絵のように失敗します(;д;)...

海の底

私の髪が藻のように絡みつくのも真珠みたいな汗があなたの背中を滑るのもこのベッドが海に沈んだからよ押し寄せては引いていく高まりを波と呼んでもいいし月光があなたの心の底までも照らしている狼のふりをして無防備なその首筋に噛み付いてやりたいけど残念満月にはほんの少し丸みが足りないいつも完全な太陽に月も嫉妬するのだろうか...

自分の身は自分で守るしかないそんな言葉真に受けて頭だけ必死で守ってるスカスカの頼りない兜だよ銃弾だってすり抜けるああ。守るはずの「身」は何処いった?兜 すかすかの兜見えないの 気付かないの?あなたの 肋骨だよ心は そこにあるのにあるはずなのにね...

17歳

探したい偽善の一部に なる前に確かめたい心をなくして しまう前に...

目には見えない夜の音楽を聴くもの

ほんのらくがきなのですが。EDGEの使いやすさは素晴らしいな~!リスペクトクリムトです。とくに参考にした絵とかはないのですが想像で・・・らくがきをアップするのがブログやんと思ったので気軽に載せていきますヾ(o´∀`o)ノ...

妖精さん

ペインターが重くて動かなくなってしまったり、するする描けたり安定しないのですが、らくがき。髪の毛が花びらになってしまった妖精さん。なんだか、洋服がFF6のティナみたい!(大好き)...

My Father

ソファにくつろぎながらパズルを解く、わたしの父を描いてみました。3Bの鉛筆です。濃い鉛筆は大好きです。...

-

本サイトを更新しました!

イーヴナス絵巻のイメージ画を一点アップしました。本当にただのイメージ画なので期待しないでね。でも魔法使い好き、ウィザード好きの方はぜひ見てください!...

夏とノル

「暑い、暑い、ほんとうに人間たちは同じことを言うのが好きだなあ。」妖精の耳で、遠くで交わされる旅人達の会話を聴きながら、ノルはひとり、つぶやいてわらいました。「夏が暑いなんて、あたりまえじゃないか。ぼくはどんな季節だってすきさ。」久しぶりにペインター(わたしのおんぼろパソコンでは動作がきつい)を使って描きました。なんだろう、フォトショで色を塗るのと全然違って、描かされている感がなくてほんとに楽しい...

またもやアリス!

またもやアリスです。もう、お話がうろ覚えで、いそがしウサギ、帽子屋、チェシャ猫くらいしか覚えていないという・・・これも子どもたちの自由帳にらくがきしたものです。ステッドラーの0.1ミリのペンを愛用しています(#^.^#)...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。