Welcome to my blog

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽

☆freshscent blue (freshscent.mid)

4 0
freshscent blue (freshscent.mid)

洗いたての真っ白なシャツとデニムの青、
遠くの海がキラキラ光るのが見える坂道みたいな、さわやかなイメージ。
日常のちょっと心弾む瞬間の歌です。

もう少し低音が強いほうが良いかも。

スポンサーサイト

- 4 Comments

There are no comments yet.

z9d  

2007-04-16 00:21

構成の事を書かせてもらうと、この曲には歌モノのBメロが短いですがありますね(最初の旋律の繰り返しの後の四小節)。

やはりBメロ的な部分があるほうが曲も長くなるし、流れる感じで行くように思えますね。

構成の事はこれからゆっくり(笑)

ちなみに、ドビュッシーの曲はわりとこの流れる感じというのがなかったりします(笑)

EDIT  REPLY    

リイ  

2007-04-17 23:25

聞き直したらBメロになるという四小節を見つけました。(自分の曲なのに、見つけたって変な言い方ですがe-330

八小節の繰り返しの後すぐに次の展開に切り替わるより、何か短くてもワンクッション入った方が繋がりができるように感じますね。

ドビュッシーは展開が早いのでしょうか?(゚ー゚*)

曲作りを始めたころには構成がこんなに大切なものなんて考えていませんでした!わざわざ第四楽章まで長く作る必要性なんてないじゃん、と思っていましたe-16

EDIT  REPLY    

リイ  

2007-04-17 23:27

一楽章、二楽章の区切りは曲の構成とはまた違う話ですよねe-263
勘違いして書いてしまいました。

EDIT  REPLY    

z9d  

2007-04-21 23:27

>ドビュッシーは展開が早いのでしょうか?(゚ー゚*)

ドビュッシーはどうもわれわれが書くような曲の書き方ではない書き方をいろいろ考えていたみたいですね。

例えば分かりやすい例では『海』の第一楽章。
タイトルからも分かりますが、この曲は時間経過とともに変化する海の表情を音楽にしている。

こういうのは音楽だけではなくて、絵画でも、モネの絵とかにもありますよね。

モチーフは同じで、時間の経過で色とか表情が変わる感じを連作で描いている、とか。

でもドビュッシーはモネとは違うことをしていると思っていたらしいですね(よく知らない(笑))

>第四楽章まで長く作る必要性・・・

昔は今のようにテレビとかインターネットとか、楽しみとかがあまりなかったので長くても気にならなかったのかもしれないですね。

昔は聖地に巡礼に行くのが一番の娯楽だったとかあったりして(笑)

EDIT  REPLY    

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。