Welcome to my blog

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽

☆Chimney Pots (chimney.mid)

5 0
Chimney Pots (chimney.mid)

煙突の多い、石畳の街のイメージです。
中間部は、ちょっと疲れた煙突が『あれは自分たちが吐き出した煙なのか、それともただの雲なのかなあ?』と午後三時頃ぼうっと空を眺めているような感じ。

楽器の使い方は気に入っているのですが、いつまでたってもA-B-Aの構成しか出来ない自分に涙が…(TーT)

スポンサーサイト

- 5 Comments

There are no comments yet.

z9d  

2007-04-16 01:09

RPGの、錆びれた、ちょっと寂しい町とかの感じですね。
個人的にはこういう感じの曲好きです^^

今では旋律にシンコペーションを使うのは誰でも当たり前ですが、曲全体のリズムパターンにシンコペーションを使っているの、個人的には久し振りに聴いた感じです。

シンコペーションはクラシックにもありますが、われわれが使うシンコペーション(タータタッタッタッタッターとかです・・・裏ノリって言うのかな?)はやはりジャズが出てきてからのですね。

印象派って作曲技術、なんでもあるような感じがしますが、この裏ノリはないんですよね(多分ですけれど(笑))
時代が一つ前。

最初の旋律の繰り返しの時、構成A-B-Aのくり返しではなく、8小節のくり返しの最後の小節(16小節目)の1拍目に前打音で装飾して旋律に変化を付けているのは上手いですね^^

曲の完成度、高いですね。



EDIT  REPLY    

リイ  

2007-04-17 23:40

あ、今z9dさんと同時に書いてる(笑)

この曲のイメージが伝わってうれしいですe-266

印象派のころは和声はスゴイけれど、リズムはやはりジャズが入ってから革命?がおきたんですね。
ラヴェルはアメリカに行ってジャズに触れたと何かで読んだ気がしますが、気のせいかも…代表的な曲にそういうのないですもんね。

ジャズはいいですよね~♪ベースの動きとか、弾いてる姿もカッコいいし(^o^)

>8小節のくり返しの最後の小節(16小節目)の1拍目

ちょっとした事なんですけど、どうしてもつけたくて変えてみましたv-341

EDIT  REPLY    

z9d  

2007-04-18 00:01

せっかくだから書いちゃおう(笑)

ラヴェルの『ピアノ協奏曲ト長調』の第一楽章はガーシュインのパクリです(多分(笑))

でも裏ノリはパクれなかったか(笑)

EDIT  REPLY    

リイ  

2007-04-18 23:14

『ピアノ協奏曲ト長調』は、ハープのソロのきれいな曲ですか?
あの曲がパクリなのはショック!e-16

裏ノリを使いまくるラヴェルさんはイメージできないです。ノリながらの曲作りが似合わないというか、じっと椅子に座りながら作曲してほしい感じ(笑)

EDIT  REPLY    

z9d  

2007-04-21 23:36

>あの曲がパクリなのはショック!

曲全体ではないのですけれどもね(笑)
部分的にアメリカを思わせる。

>裏ノリを使いまくるラヴェルさん・・・

なるほど、そういう考えもありますか(笑)
でもどうですか。
ヘッドフォーンしてバリバリデカイ音でロックとかジャズとかテクノとか聴きながらスノボーしているラヴェルとか(爆笑)

EDIT  REPLY    

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。