☆ゴーシュとかっこう (gauche-to-cuckoo.mid)

category: 音楽  

ゴーシュとかっこう (gauche-to-cuckoo.mid)

「音楽を教わりたいのです。」 かっこう鳥はすまして云いました。
  ゴーシュは笑って、
 「音楽だと。おまえの歌は、かっこう、かっこうというだけじゃあないか。」

                 宮沢賢治 作 『セロ弾きのゴーシュ』より

ピアノ曲の『gauche』のもとになった曲をリメイクしました。
かっこう(ピッコロ)の「ドレミファ」と不器用なチェロが追いかけっこしたり、有名な「かっこう」のフレーズを隠していたりしています。鳥と一緒に合奏したら楽しいでしょうね!
ゴーシュが狸や猫と弾いた曲も作ってみたいな。自分でも不思議なくらい大好きなお話です。

切れ目のないピアノのアルペジオ伴奏がちょっとうるさいかも。

スポンサーサイト

2007_03_25

Comments

 

この曲にはいろいろ楽器が出てきますが、聴かせてもらった感じですと、チェロをメインとした、チェロとピアノとピッコロのピアノ・トリオという感じですね^^

この三つの楽器のバランスはかなり良いですね。

最初ピアノの分散和音の伴奏にチェロが主旋律を演奏し、
次のくり返しの時ピアノの右手が旋律を分散和音的に、ピッコロの補佐と共に演奏されるように書かれています。チェロはお休み。

その次はチェロとピッコロが一緒に演奏している後からピアノの左手が入って来て速い分散和音で左手の演奏を終わらせ、今度は右手にそのまま移行。

このあとの構成のAの終止とBへの移行部はチェロが最初に出たあとはほとんど三つの楽器が一緒に演奏していますね。

中間部のBはAに対比するような感じではなく、くり返しのAへの、繋ぎの前奏のようなBにこの曲ではなっていますが(否定的な言葉の響きですがそうではありません(笑))
このBのチェロが受け持っている旋律、くり返しの最後の音程を高くしてBの最後の和音的な部分に上手くつなぐように書けています。

そして構成のくり返しのAの最初、チェロとピッコロがほとんど対等に主旋律を演奏し、
そのあとの短三和音のところでは対位法的にチェロとピッコロが演奏して次のピアノの右手につなげています。


僕はこの、Bのチェロのくり返しの旋律から、対位法的な部分を通って、ピアノの右手につなぐまでのところ、かなり感動しました(笑)

このあとのピアノの演奏も、その前の構成が上手く書けているので最初の演奏(A-B-Aの最初のA)より効果的です(構成の力って凄いですね)

三部形式のくり返しのAでは何か変化をつけないと単調になってしまうのですが、この曲ではBから非常にきれいな流れでAに変化がつけられるように有機的に上手く書けているので感動的です。


・・・僕はこの曲の書き方はクラシック的だと思うのですが、現代のインスト曲的でもこういう感じで何かしらくり返しのAに変化がついていると、『ダイヤのクイーンとスペードの9』や『異国の街』でももっとコメント書かせて頂けたのですが・・・なんて(笑)


ピアノの右手の分散和音もいろいろ変化がついていますね^^
主旋律を演奏するところではメジャー7とか減七とか使っていますか?


しかし良いところばかりではなく、全部の楽器の使い方のバランスなどを見るとちょっと良くないですね^^

でも何か新しいことをすれば上手く行かないことのほうが多いと僕は思うので、これだけ書けたということは凄いことだと思います。
この曲の構成で成功しているところは、今後のリイさんの新曲に生かされるだろうと期待します(笑)

・・・でも体調のことが心配ですので無理はしないでゆっくりやってくださいね。


最後に、

>有名な「かっこう」のフレーズを隠していたりしています。

と、書かれていますが・・・隠れていないような・・・(笑)


・・・今日はここまでで力尽きたので(笑)また明日(今日か)書き込みさせて頂きます。
z9d  URL   2007-04-16 04:20  

 

細かく分析して聞いてくださって感激です!

好きな楽器をたくさん使ったこの曲で、中心となる3つの楽器のバランスが良いと言ってtいただけたのは嬉しいですe-266

チェロがメインとして弾いているときはホルンが休むとか途中からピッコロが入ってくるとか、楽器から楽器への移行はまだよかったんです。
その間ピアノがずっとアルペジオを弾いていることや、ピチカートの使い方などはバランスが悪いなぁと最後まで悩みました……が、直せずにそのままアップしてしまいましたe-330

Bのチェロのくり返しの旋律からAに戻るところは自然に作れて、私も結構すきな部分です♪
Aで追加されたストリングスはそのBの終わりのチェロが合ってこそかなぁと…v-344

ピアノの和音、単音のチェロのメロディーでは出せない彩りをつけてみたつもりです。気付いてしまうz9dさんがすごいです!

かっこうのメロディー、隠れていないですね(笑)!前面に出てますね。このつっこみにはウケました。その通りです(笑)v-222

BGM的な曲や適当な曲(てぬき…?)には繰り返しのAはそのままなことが多かったのですが、この曲でちょっと進歩した部分をこれからの構成にいかしたいと思いますp(^^)q
リイ  URL   2007-04-18 23:42  

 

どうもクラシック寄りに聴きすぎたせいでバランスが悪いと感じたみたいです。
普通のインスト曲のなかにクラシック的な部分を取り入れて書かれていると考えればバランスは悪くないですね^^
紛らわしくってごめんなさい(笑)

>ピアノがずっとアルペジオを弾いている・・・

リイさんがそう書かれなければ誰も気づかないと思いますよ、というかバランスが悪いとは思わないと思います(笑)
ただチェロが低音を分散和音で演奏するところがあっても良かったかもしれないですね、でもそうするとピチカートと重なるか・・・

>Aで追加されたストリングスは・・・

いえいえ作曲された方がこう作曲したんだという考えが一番だと思いますのでストリングスは重要です(笑)

鳥の鳴き声を楽器で真似るのは結構ありますが、現実の鳥の鳴き声を曲のなかに使ったはメシアンが最初みたいですね^^

てぬき、良いのではないですか(笑)
リイさんは専業で音楽やっているわけではないですし、専業で音楽やっている人でもそういつも良い曲が書けるわけではないでしょうから。
しかし・・・専業って言葉、最近使われているのかな・・・(笑)
z9d  URL   2007-04-23 23:55  

 

>リイさんがそう書かれなければ誰も気づかないと思いますよ、というかバランスが悪いとは思わないと思います(笑)

そうですか? よかったーv-354
そこが一番この曲でマズイところだと自分では思ってたんです。それとコードがなんだか分からないピチカート…(笑)

>現実の鳥の鳴き声を曲のなかに使ったはメシアン

鳥の鳴き声v-521はいくら聴いても飽きない、ほんとうに音楽なのだと思います。でもそれを現実に音符におきかえる?なんて、よっぽど音感が鋭い方でないと無理ですよね…すごい。

いいかんじに手抜きな曲と本気な曲半々くらいならよいのですけどe-330
リイ  URL   2007-04-24 22:10  

 管理者にだけ表示を許可する

03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

リイ(瀬音リイ)

Author:リイ(瀬音リイ)
芸術全般&自然だいすき人です! blogではメインサイトIvyMazeでアップしないらくがきやこころに浮かんだつぶやきなどを載せています。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

↑森の日誌を気に入ってくれた方は、クリックで応援お願いします♪

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事+コメント




page
top