Welcome to my blog

森の日誌

スポンサーサイト

プラネタリウム

心の広さは、無限大じゃないかなだって宇宙の彼方すら、一瞬で思いをはせることができる愛の深さは、無限大じゃないかなだってもうこの世にいない存在すら、すぐ傍にいるのだと感じることができる・・・大切なことはいつも目には見えなくてだから迷ったり焦ったりもするけれど光よりも速いものがもしあるとするならそれは、ひとの心のきらめきなのかもしれないわたしがあなたを、恋しく想うこの気持ちなのかもしれない...

イーヴナス・英雄の最後

空に剣を突き立てても あの青は引き裂けないそれどころか 雲一つ動かせない英雄とは なんと無力な存在だろう?通り過ぎる風には 容易いことなのに剣は嘲笑うかのように陽光に反射して いっそう眩しく煌めくだけそれならば それならば折れてしまえ稲妻に打たれこの体ごと名前だけの英雄と共に 穿たれし胸に 勇気を 戯れる鳥に  笑みを 豊穣の地に  祈りを……イーヴナスの空は限りない青 幾千の血にも濁らず幾億の涙で...

Eglantyne

明け方の静寂に包まれた 柔らかな揺りかご   未だ棘を意識しない 薔薇のつぼみ...

モノクローム

あんまり楽しかった想い出は輝いて眩しくてやがて目には見えなくなってしまうあんまり哀しかった記憶は暗く穴が開いたようにいつしかどこかへ消えてしまうしろくろ白黒モノクロームの心はいつも虹を追い求める足早に過ぎゆく季節の鮮やかな色たちを・・・・・・...

Theme of Wanderer

I was waiting for someone, who appears out of the wind     and tells me the route.I was looking for something, that exists at the world's end     and gives me the answer.I don't know who that is,     because I'm wandering alone now.I don't know where that is,     but I'm always wandering so....

軽薄な君

誰よりも軽薄な君を君を愛したことは間違いだったのかいぼくの犯した罪だったのかい君がくれた笑顔は虹のようにくすんだ世界を染めたんだ君がくれた言葉は嘘みたいにぼくに力をくれたんだそれ以上優しい嘘をつくのならこの手首を切り裂いて構わないんだぜそのほうが心は痛まない君の涙はきっとカロリーゼロ味気ない愛の言葉たちそれでもぼくは気づかないふりをした誰よりも軽薄な君を君を愛したことは間違いだったのかいぼくの犯し...

絵と音楽

私にとって、絵と音楽というものは、言葉と同じくらい大切なものです。光や色の原理なんて、よく分からない。作曲法も、勉強したそばから忘れてしまった。でも、光と影で、透明感のある、存在感のある、その作品の中に入りたいと思わせるような、魅力のあるものを創りたい。必ずしも完成度が高くなくてもいい。雑な走り書きのような描線でも、旋律でも、構わない。写真のように描くことも好きだけど、オーケストラを構成するのもや...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。